スペリア/Webとは

スペリア/Web は、非常に分かりやすく、強力な機能を持った開発システムです。

プログラムを簡単に作成できます

 

Web の経験がないプログラマーでも、楽に Web のプログラムを作成できます

Java などの知識は一切不要です

プログラムを簡単に作成できます

 

     

[スペリア/Web のプログラムの一例]


    このようにプログラムの書き方が簡単です。

プログラムの例

    

ユーザー様やソフトウェアハウス様で、ご使用いただいております。


プログラム作成機能が強力で、複雑な基幹業務のプログラムも作成されています。


業種や業務に限定されていません。


高い生産性でプログラムの作成や保守ができます

 

プログラムはシンプルに記述でき、命令の機能が強力でステップ数が少なくなるため、
プログラム作成や保守の生産性が高くなります。


高い生産性でプログラムの作成や保守ができます


スペリア/Web のプログラムの作成から実行までの仕組み

 

作成したプログラムは、 「スペリア・コンバーター」が内部で自動的に Java に変換して
スペリアのフォルダーに保存します。

 

作成したパネルは、スペリアのフォルダーに保存します。

 

クライアントの端末から操作を行うと、「スペリア実行コントローラー」がプログラムやパネルを
メモリーにロードして実行を行います。

 

データベースには、プログラムから「スペリア実行コントローラー」を通してアクセスを行います。

Web のプログラムを実行するまでの仕組み

開発から保守までの要員数と期間

開発から保守における要員数と期間

(これは、一例です)

開発環境構築

スペリア/Webを導入すると、Java のフレームワークやライブラリーなどが
不要になるため、すぐにプログラム作成を開始できます。

プログラム作成

プログラム作成の要員が減り、期間が短縮されます。

保守

プログラムがシンプルで作成者の個性が出にくいため、
あとあとの急なプログラム変更や修正にも、少ない工数で迅速に対応できます。