スペリア/Webとは

プログラムの例

COBOL言語に似た雰囲気のやさしい言語が提供されており、

これを使うと、Webのプログラムを簡単に記述することができます。

Javaを記述することはありません。

■スペリア/Webのプログラムソース

プログラムの例

Web のプログラムを実行するまでの仕組み

作成したプログラムは、スペリア・コンパイラーで Java に変換します。

Java に変換されたプログラムは、スペリア専用フォルダーに保存されます。

作成したパネルは、スペリア専用フォルダーに保存します。

 

クライアント端末からの操作で、スペリア実行コントローラーが

プログラムやパネルをメモリーにロードしたり、実行のサポートを行います。

 

プログラムによっては、データベースをアクセスします。

Web のプログラムを実行するまでの仕組み

開発要員

Javaの知識が不要のため、Javaの経験がないプログラマーの方でもWebのプログラムの

作成ができ、プログラムの作成者が広がります。

開発要員


各フェーズにおける要員数と期間

各フェーズにおける要員数と期間

(これは、ひとつの例です)

開発環境構築

スペリア/Webを導入すると、Javaのフレームワークやライブラリーなどを
準備する作業が不要になり、すぐにプログラム作成を開始できます。

プログラム作成

プログラム作成の要員数が減り、期間が短縮され、コストの低減がはかれます。

保守

プログラムがシンプルで作成者の個性が出にくいため優れており、あとあとの
急なプログラム変更や修正にも、迅速に少ない工数で対応でき、保守の要員
数が削減できます。 プログラム変更や修正にも、迅速に少ない工数ででき、
保守の要員数が削減できます。

その他

強力なプログラミング機能を提供しており、複雑な基幹業務のプログラムも作成できます。


業種や業務に限定されるケースは通常ありません。


プログラムの内製化をはかることが容易になってきます。


ユーザー様やソフトウェアハウス様で、ご使用いただけます。


クラウドで使用することもできます。